犬のコミュニケーション方法を知ろう!

今回は、犬のコミュニケーション方法を紹介します!

犬同士のコミュニケーション方法を取り入れると、しつけがスムーズに進みやすくなります。

ぜひ参考にしてみてください♪

視覚のコミュニケーション


犬のコミュニケーションでは、ボディランゲージを使います。

ボディランゲージは、特定の動作や身振りに、意味を持たせたものです。

犬の祖先である狼が、野生環境で無駄な争いを避けるために使われてきたものが、犬にも受け継がれています。

しつけでは、飼い主も犬のボディランゲージを取り入れるのがおすすめです!

嗅覚のコミュニケーション


犬のコミュニケーションで一番重要なのが、嗅覚を使ったコミュニケーションです!

犬は、嗅覚がとても鋭く、沢山のにおいの中から特定のにおいをかぎ分けることができます。

犬の挨拶は、お互いのお尻(肛門腺)のにおいを嗅ぎます。

一度挨拶した犬なら、マーキングなどの排泄物のにおいの中からかぎ分けて、その日の体調や気分まで分かると言われています。

犬と挨拶する時は、目を合わせずに、身体のにおいを嗅がせてあげるのがおすすめです!

聴覚のコミュニケーション


犬のコミュニケーションでは、声の高さにも意味があります!

相手を威嚇する時や敵意がある時は、唸り声などの低い声を出します。

許しを請うときや敵意がない時は、鼻鳴きなどの高い声を出します。

これも、狼が野生環境で無駄な争いを避けるために使われてきたコミュニケーションの名残です。

しつけでも、叱る時は低い声を出して、遊びなどでは高い声を出すのがおすすめです!

エネルギーのコミュニケーション


これも、犬のコミュニケーションではとっても大切なものなんです!

犬は、相手の感情やエネルギーの状態を、敏感に感じ取ることができる動物です。

恐怖心、警戒心、怒り、悲しみなど、相手を見ただけで、その時の感情まで分かるんです!

人間の言葉に込めた感情も、感じ取ることができます。

しつけでは、指示を出したり叱ったりする言葉に、気持ちを込めるのがおすすめです!

「犬 しつけ コミュニケーション」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから