冬の健康管理で気を付けるポイント

今年はほとんど自宅にいたので、季節感がないままどんどん終わっていきます(汗)

今回は、冬の健康管理で気を付けるポイントの紹介です。

外はずいぶん寒くなってきたので、犬も飼い主も、健康管理には気を付けましょう!

寒さ対策


南国原産の犬種や、短毛犬種の中には、寒さに弱い子が多いです。

仔犬や老犬も、体温調節機能がうまく働かないので、寒さに弱いです。

超小型~小型犬種の中には、筋肉量が少なくて、寒さに弱い子もいます。

家の中や寝る場所は暖かくして、外では防寒用の服を着せるなど、寒さ対策してあげましょう!

ざわしの愛犬は、冬はダウンベストを着せて散歩に行かないと、震えて歩けません(笑)

免疫力を落とさない


冬になると空気が乾燥して、ウイルスが蔓延しやすくなります。

人間も犬も、ウイルスにさらされる機会が増えるので、病気にかかりやすくなります。

冬の病気の予防では、身体の免疫力を上げておくことが、とっても大切です!

散歩で日光を浴びて、良く食べて、良く寝て、体力や免疫力を落とさないように気を付けましょう!

いつもより元気がなかったり、食欲がない時は、早めに動物病院に相談することをおすすめします。

肉球の乾燥対策


肉球が柔らかい小型犬は、肉球が乾燥して、ヒビ割れすることがあります!

人間の手が乾燥でヒビ割れたり、あかぎれしたりするのと同じです(汗)

ペットショップなどで、犬がなめても大丈夫な『肉球クリーム』が市販されています。

肉球が柔らかい子は、乾燥が気になる時期には保湿してあげましょう!

冬も健康第一で、楽しいドッグライフを過ごしましょう♪

「犬 健康管理 冬」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから