犬の叱り方のコツ

犬を叱る時は、犬が理解しやすいように叱ることが大切です!

今回は、犬が理解しやすい叱り方のコツを紹介します!

怒らない


犬を叱る時は、怒らないことがとっても大切です!

犬は感受性が強いので、飼い主の感情の変化に敏感です。

飼い主が感情的に怒ってしまうと、犬は恐怖心が勝ってしまい、話の内容が頭に入らなくなってしまいます(汗)

気が強い犬だと、喧嘩を売られたのだと勘違いしてしまうこともあります(笑)

叱る時も気持ちは冷静に、「やってはいけないことを教える」という気持ちで叱ることが大切です!

その場で叱る


イタズラなどは、なるべく、やっているその場で叱るようにしましょう!

犬の記憶には、過去を回想して、出来事を繋げて覚える仕組みがありません。

やめさせたい動作と、叱られたことを、同時に覚えさせることが大切です!

叱り方


叱り方は、犬同士のコミュニケーション方法を真似するのが効果的です!

眉間にしわを寄せて、怖い顔をして、犬の正面から睨みます。

声のトーンは、犬の唸り声をイメージして、なるべく低い声で叱りましょう!

叱る事が減っていくように、コツを押さえてしつけをしていきましょう!

「犬 叱り方 しつけ」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

 

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

 

📩メールでの相談はこちらから