犬にリーダーとして認めてもらうコツ

犬は、祖先である狼が群れで生活していた頃の、縦社会の習性を受け継いでいます。

今回は、愛犬から群れのリーダーとして認めてもらうために、普段の生活でできるコツを紹介します!

飼い主が主導権を握る!


普段の生活では、飼い主が立てたスケジュールを優先させましょう!

狼の群れの中では、群れの仲間は皆、リーダーの都合に合わせて行動します。

普段の生活で、飼い主の都合に合わせて生活することで、犬は『飼い主=リーダー』だと認識しやすくなります!

犬に何か催促されても、飼い主の都合を優先させて、犬に我慢することを教えます。

ご飯をあげる時間や、散歩に行く時間なども、飼い主が決めたスケジュールに合わせるようにしましょう!

散歩コースは飼い主が決める!


散歩コースは飼い主が決めて、日によって変えてみましょう!

犬にとっての散歩は、狼にとっての群れの移動と同じ意味があります。

狼の群れは、リーダーが進む方向に、群れの仲間達がついて行きます。

飼い主の気分で散歩コースを変えると、犬は『この人について行く=この人がリーダー』と認識しやすくなります!

いつもの散歩コースでも、逆回りにしたり、途中で折り返したりするのもおすすめです!

ちゃんと叱って、ちゃんと褒める!


実は、当たり前のようで、これがとっても大切です!

ちゃんと叱ることはもちろん大切ですが、叱ることと同じぐらい、ちゃんと褒めることが大切なんです!

犬にも、『褒められたい、認められたい』という欲求があります。

沢山褒めてくれて、認めてくれる飼い主なら、犬から『このリーダーについて行きたい!』と思ってもらえます。

叱ることよりも、褒めることが増えるように、普段の生活から沢山褒めることを意識しましょう!

褒め方について、詳しくは⇒犬の褒め方のコツ

「犬 しつけ リーダー」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから