仔犬の成長と接し方

今回は、1歳までの仔犬の成長と、接し方やしつけ方のコツなどを紹介します!

ぜひ参考にしてみてください♪

誕生~生後3週齢


誕生~生後2週齢を『新生児期』、生後2~3週齢を『移行期』と言います。

『新生児期』には、移動、排泄など、全ての世話を母犬が行います。

『移行期』には、人間だと幼稚園に入るくらいの年齢になります。

目が開いて、移動・排泄が自力でできるようになり、兄弟犬と遊び始めます。

この時期に母犬の世話を受けられないと、不安・攻撃性が強くなる傾向があります(泣)

生後3週齢~12週齢


生後3~12週齢までを『社会化期』と言います。

生後12週齢(約3か月)までに、人間だと小学校低学年ぐらいの年齢になります。

この時期は、周りの犬や人との接し方を学ぶ、とっても大切な時期です!

親犬や兄弟犬と接する中で、力加減や犬付き合いのルールを学びます。

この時期に怖い経験を沢山したりすると、恐怖心や警戒心が強くなる傾向があります(汗)

しつけは、厳しくするよりも、たくさん褒めて、人間を信用してもらいましょう!

生後12週齢~1歳


生後12週齢(約3か月)~1歳までを『若齢期』と言います。

1歳までに、人間だと高校生ぐらいの年齢になります。

生後8か月頃には初回発情が来て、身体が大人の仲間入りします。

この時期は、周りの犬や人との上下関係を築き始める時期です。

縄張り意識が芽生えてマーキングを始めたり、上下関係を確かめるために反抗的な態度をとったりします。

しつけは、どんなに反抗されても、ダメなものはダメだと根気よく教えていきましょう!

「犬 しつけ 仔犬」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから