散歩で気をつけて欲しいこと3つ

愛犬の命を守るために、散歩で気をつけて欲しいことを3つ紹介します。

愛犬と一緒に、散歩を楽しんでくださいね♪

気温


犬は熱さに弱いので、春~秋の間は、散歩に出る時間や外の気温に気をつけましょう!

日中は地面がすごく熱くなるので、飼い主の体感温度よりも、犬の体感温度の方がかなり高いです。

犬の方が熱中症になりやすく、熱中症で死んでしまうことがとっても多いです(泣)

詳しくは⇒犬の熱中症は予防が大切

日中の散歩は避けて、朝か夕方以降の、気温と地面の温度が低い時間に散歩に行きましょう!

散歩に出る前に、地面を触って温度を確かめるのがおすすめです。

リードを着ける


愛犬がどんなにお利口でも、リードは必ず着けましょう!

リードは、愛犬の命綱です!

リードを着けていないと、何かの拍子に道路に飛び出してしまったら、車に轢かれてしまいます。

もしパニックで遠くへ逃げてしまったら、見つけることはとても困難です。

公園や広場で犬を走らせる時も、長いリードやロープなどに変えて、必ず命綱を繋いでおきましょう!

他の犬に勝手に近づかない


初めて会う犬には、勝手に近づかないようにしましょう!

犬嫌いな人がいるように、犬嫌いな犬もいます。

犬種によっても相性があったり、遺伝的疾患の『突発性激怒症候群(レイジシンドローム)』を持っている子もいます。

犬の相性については⇒犬にも相性がある!

愛犬がどんなにフレンドリーでも、相手によっては喧嘩になって、怪我をしてしまう可能性があります。

初対面の犬に近づく時は、必ず相手の飼い主に許可をとってからにしましょう!

「犬 健康管理 散歩」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから