ドッグフードにはどんな種類があるの?

市販のドッグフードは、種類が多すぎて選ぶのが大変ですよね(汗)

今回は、ドッグフードにどんな種類があるか紹介していきます!

犬の年齢による種類


年齢によって必要な栄養素のバランスが変わるので、ドッグフードには犬の年齢による種類があります。

1歳未満には、『仔犬用(パピー用)フード』を選びましょう!

1歳を過ぎたら、『成犬用(アダルト用)フード』を選びましょう!

7~8歳を過ぎたら、少しずつ『老犬用(シニア用)フード』に切り替えましょう!

ドッグフードの変え方は⇒ドッグフードは一度に変えたらダメ

形状の種類


ドッグフードの形状にも種類があります!

硬くてビスケットのような食感のフードが『ドライフード』です。

缶詰やパウチタイプなどがある柔らかいフードが『ウェットフード』です。

ドライフードとウェットフードの中間の、半練りタイプのフードが、『セミモイスト(ソフトドライ)フード』です。

まずはドライフードの中から、愛犬に合うものを探すのがおすすめです!

詳しくは⇒タイプ別ドッグフード選びのポイント

価格の種類


ドッグフードの中で、価格が高いものを『プレミアムフード』と呼びます。

それに対して、安価なものを『エコノミーフード』と呼ぶことがあります。

まずは、エコノミーフードの中から、愛犬の体質に合うものを探しましょう!

選んだフードが犬の体質に合っているかは、日々の体調を見て判断します。

お腹の調子や、毛艶、皮膚の状態をチェックしましょう!

詳しくは⇒ドッグフードが愛犬に合うか判断するポイント

「犬 健康管理 ドッグフード」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから