犬にカフェインはNG!

ざわしが大好きなコーヒーに入っている、カフェイン!

カフェインは、犬にとっては毒になってしまうんです(泣)

愛犬がうっかり口にしてしまうことがないように、気を付けましょう!

何でダメなの?


『カフェイン』は、神経系を興奮させる作用があります。

エナジードリンクの主成分で、コーヒーやチョコレートにも含まれています。

犬は『カフェイン』の代謝速度が遅いので、少量でも神経系への興奮作用が強すぎてしまうんです(汗)

症状は?


神経系への興奮作用で、興奮状態が続きます。

重度になると、痙攣や脈拍異常、呼吸の乱れ、身体の震え、昏睡状態、最悪の場合は死に至ります。

利尿作用もあるので、頻尿になったり、失禁を起こすこともあります。

腹痛、下痢、嘔吐も起こります。

気を付けるポイント


チョコレートの場合は、チョコレートの種類によって、カフェインの含有量が違ったり、中毒性に差が出たりします。

もし犬が食べてしまったら、まずは何をどれぐらい食べたのか確認しましょう!

確認したら、すぐにかかりつけの動物病院に、電話などで相談しましょう!

明らかに犬の様子がおかしい時には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう!

チョコレートは、子供が犬にあげてしまうことも多いので、子供のおやつにも気を付けましょう!!

「犬 健康管理 カフェイン」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です