キシリトール、犬にはNG!

お菓子やガムなどの甘味料で使われる、キシリトール!

キシリトールは、犬が食べると中毒を起こしてしまうんです(泣)

愛犬がうっかり口にしてしまうことがないように、気を付けましょう!

何でダメなの?


犬がキシリトールを食べると、『インスリン』というホルモンが分泌されます。

『インスリン』は、血液の中の糖分を、身体に吸収させるホルモンです。

『インスリン』が分泌されると、血糖値が下がります。

症状は?


血糖値が急激に下がると、意識レベルの低下や昏睡状態を起こします。

重症になると、肝機能障害を起こします。

肝臓は、栄養素を血液に乗せて循環させたり、体内の毒素を中和する働きをしています。

肝機能障害になると、栄養素が循環されなかったり、解毒ができなくなったりして、死に至る危険性が高くなります。

腹痛、下痢、嘔吐も見られます。

気を付けるポイント


キシリトールは、食べたのが少量でも、重症化する症例が沢山報告されています。

もし犬が食べてしまったら、すぐにかかりつけの動物病院に、電話などで相談しましょう!

明らかに犬の様子がおかしい時には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう!

小さい子供が、ラムネなどのキシリトール入りのおかしを、犬にあげてしまうことも多いです(汗)

万が一のことがないように、子供のおやつにも気を付けましょう!!

「犬 健康管理 キシリトール」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です