しつけは褒めることが大切!

しつけで犬に何かを教える時は、叱ることよりも、褒めることが大切なんです!

褒めることが大切な理由や、褒め方のポイントなどを紹介します!

褒められることがご褒美!


犬は、狼の社会性を受け継いでいます。

狼の社会は縦社会で、群れのリーダーから褒められることが、何よりのご褒美でした。

犬にとっても、何よりのご褒美は、リーダーから褒められることです!

家庭犬にとっては『群れ=同居の家族』、『リーダー=飼い主』です!

愛犬とはしっかり上下関係を築いて、褒めてあげることが、最高のご褒美になるんです!

褒めて正解を教える


しつけで新しいことを教える時は、褒めて正解を教えるようにしましょう!

動作のしつけでは、覚えて欲しい動作をさせたら、毎回必ず褒めることが大切です。

ダメな事を教える時も、叱る事と褒める事を両方使って教えるのがおすすめです!

叱った後に、飼い主が「こうしてほしい」と思う動作をさせて、褒めて終わるようにします。

犬は、「褒められたこと=やってほしいこと」だと覚えます。

褒め方のポイント


褒める時は、優しい声で「そうだよ」「いい子だね」など、褒める言葉をかけましょう!

犬を落ち着かせるイメージで声をかけることがポイントです!

特に、興奮しやすい子は、褒める時に触らないことが大切です。

逆に、落ち着いている子は、軽くなでてあげるのも効果的です。

愛犬の性格に合わせて、褒め方を工夫して、楽しくしつけをしていきましょう!

「犬 しつけ 褒め方」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから