映画『101匹わんちゃん』に出てくる犬って何犬?

映画『101匹わんちゃん』に出てくる犬は、ダルメシアンという犬種です。

ダルメシアンがどんな犬か紹介したいと思います。

ダルメシアンってどんな犬?


旧ユーゴスラビアのダルマチア地方が原産と言われている嗅覚ハウンドです。

番犬として、馬車の馬を守る仕事もしていました。

今でもエネルギッシュで瞬発力もあって、とてもパワフルです。

性格は明るく、家族のことが大好きで、子供の遊び相手も上手にできます。

特徴


とってもエネルギッシュなので、沢山運動させて、体力をしっかり発散させてあげる必要があります。

遺伝的に難聴の個体が産まれやすく、難聴の子はハンドサインなどでしつけをしないといけません。

意志が強い子も多いので、しつけには少し手がかかる傾向があります。

こんな人におすすめ


毎日長時間散歩ができるアクティブな人におすすめです。

家族と一緒にいたい犬なので、休日は家族と過ごしたい人におすすめです。

子供の遊び相手も上手にできるので、子供がいる家庭にも向いています。

参考書籍

いちばんよくわかる犬種図鑑 日本と世界の350種 監修:奥田香代

新!世界の犬種図鑑 著者:エーファ・マリア・クレーマー 訳者:古谷沙梨

「犬 しつけ ダルメシアン」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です