犬ジステンパーってどんな病気?

混合ワクチンで予防できる感染症のひとつ、犬ジステンパーについて紹介します。

感染経路・症状


犬ジステンパーは、『ジステンパーウイルス』というウイルスが原因の感染症です。

ジステンパーウイルスに感染した犬のくしゃみなどの飛沫物や排泄物から感染します。

発症すると、目ヤニ、鼻水、下痢、嘔吐、食欲低下など様々な症状が出ます。

ウイルスが神経細胞まで侵入してしまうと、後遺症で『チック』や麻痺が残ったり、老犬になってから脳炎になって言動に障害が出たりします。

特徴


1歳未満の仔犬が、母犬からもらった免疫がなくなる時に感染することが多い感染症です。

初期症状は軽いことが多いと言われていますが、二次的な細菌感染で重篤な症状を引き起こすことがあります。

感染してすぐに発症せず、数か月経ってから急に痙攣し始めたり、老犬期に『老犬脳炎』と呼ばれるうつ状態や性格の変化、目が見えず壁に向かって歩き続ける状態になることがあります。

対処法


ウイルス自体を根本的に治療する方法はないので、予防がとっても重要です!

混合ワクチンの中のジステンパーウイルスワクチンを接種すれば、予防することができます。

免疫力が弱っている犬や、免疫ができていない仔犬が感染すると治療することができないので、仔犬の頃から定期的なワクチン接種が必要です。

愛犬を病気から守るために、忘れずに予防接種に行きましょう!

「犬 混合ワクチン 健康管理」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)


📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です