犬パラインフルエンザってどんな病気?

混合ワクチンで予防できる感染症のひとつ、犬パラインフルエンザについて紹介します。

感染経路・症状


犬パラインフルエンザは、『パラインフルエンザウイルス』というウイルスが原因の感染症です。

パラインフルエンザウイルスに感染した犬の咳やくしゃみなどの飛沫物によって感染します。

発症すると、咳や鼻水、発熱、扁桃炎など、風邪に似た症状が出ます。

特徴


一般的にこのウイルスの単独感染では症状が軽いとされていますが、他のウイルスや細菌との混合感染で症状が重くなる場合があります。

混合ワクチンで予防できる感染症の中の『犬アデノウイルス2型感染症』との混合感染は『ケンネルコフ』と呼ばれます。

『ケンネルコフ』とは、いわゆる犬の風邪のことで、犬が集まる場所で感染が広がりやすいので注意が必要です。

対処法


混合ワクチンの中の犬パラインフルエンザウイルス感染症ワクチンを接種すれば、予防することができます。

混合感染で発症することが多いので、対症療法で咳の緩和や二次感染防止のための抗生物質投与などをすることが多いです。

愛犬を病気から守るために、忘れずに予防接種に行きましょう!

「犬 混合ワクチン 健康管理」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)


📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です