犬コロナウイルス感染症ってどんな病気?

混合ワクチンで予防できる感染症のひとつ、犬コロナウイルス感染症について紹介します。

感染経路・症状


犬コロナウイルス感染症は、『犬コロナウイルス』というウイルスが原因の感染症です。

このウイルスに感染している犬の嘔吐物や糞便などに接触することで感染します。

発症すると、下痢、嘔吐、血便、元気消失、食欲減退など、胃腸炎のような症状が出ます。

便はオレンジ色をおびた粥状になり、悪臭がします。

特徴


成犬であれば、犬コロナウイルス単体で感染しても症状が出ないか、発症しても軽症で終わることがほとんどです。

仔犬が感染してしまうと、症状が重くなることが多く、死に至ることもあります。

同じ胃腸炎のような症状が出る『犬パルボウイルス感染症』と混合感染することが多いウイルスです。

仔犬は犬コロナウイルス・犬パルボウイルス共に単体感染でも症状が重くなることが多いため、混合感染でより重篤な症状になります。

対処法


犬コロナウイルス自体を根本的に治療する方法はないので、予防がとっても重要です!

混合ワクチンの中の犬コロナウイルス感染症ワクチンを接種すれば、予防することができます。

下痢や嘔吐などが激しい場合には、脱水症状の緩和のための点滴や二次感染予防のための抗生物質投与などの対症療法を行います。

愛犬を病気から守るために、忘れずに予防接種に行きましょう!

「犬 混合ワクチン 健康管理」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)


📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です