犬の褒め方のコツ

犬に何かを教える時は、褒める事がとっても大切なんです!

しつけで、犬を褒める時のコツを紹介します!

大げさに褒めない


しつけで褒める時は、大げさに褒めないことがポイントです!

大げさに褒めると、犬のテンションが上がってしまいます。

犬のテンションが上がりすぎると、『何かを覚える』ということに集中できなくなってしまいます(汗)

飼い主もテンションを上げずに、『正解を教える』という気持ちで褒めましょう!

基本の褒め方


慣れるまでは、褒める時に使う言葉を決めておくことをおすすめします!

「そうだよ」や「いい子だね」など、声のトーンは明るめに、優しく声をかけます。

犬を落ち着かせるイメージで声をかけることがポイントです。

動作のしつけでは、覚えて欲しい動作をさせたら、毎回必ず褒めましょう!

ダメな事を教える時も、叱った後に、飼い主が「こうしてほしい」と思う動作をさせて、褒めて終わるようにしましょう!

愛犬の性格に合わせよう!


興奮しやすい子は、褒める時に撫でたり触ったりしないで、声をかけるだけにすることが大切です!

逆に、テンションが低めの子や、落ち着いている子は、軽く撫でてあげると効果的です!

愛犬の性格に合わせて、褒め方を工夫して、楽しくしつけをしていきましょう!

「犬 しつけ 褒め方」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です