犬は体温調節が苦手

犬は、体温調節が苦手な動物です。

特に暑さに弱く、日本の気候は犬にとっては過酷なものなんです。

健康管理で気を付けるポイントなどを紹介するので参考にしてみてください!

ほとんど汗をかかない


犬は、汗腺が足の裏や鼻の頭などの一部にしかありません。

人間のように汗をかいて体内の熱を逃がすことができないので、体内に熱がこもりやすいんです。

口で呼吸する時に、唾液を蒸発させて体温を下げようとしますが、唾液は少しずつしか蒸発しないので、あまり熱を放出できません。

呼吸が荒くなってきたら、体温が上がってきて、熱を放出しようとしているサインです。

熱中症や脱水症状にならないように、飼い主が管理してあげないと、体調を崩してしまいます。

高温多湿が特に苦手


湿度が高くなると、唾液が蒸発しなくなってしまうので、体内の熱を逃がせなくなってしまいます。

外では人間よりも地熱も間近に感じるので、飼い主が感じている以上に犬の方が暑いです。

日本は暑い時期に湿度も高くなるので、犬にとっては厳しい環境なんです(汗)

散歩帰りには保冷剤などで身体を冷やしてあげたり、室内は空調などで涼しくしてあげましょう。

超小型犬は寒さも苦手


犬は元々暑さに弱くて寒さには強い動物なのですが、チワワなどの超小型犬は寒さにも弱い子が多いです。

小型化の影響で、身体を温める筋肉が足りていないんですね(笑)

寒さで体調を崩してしまう子も多いので、冬の間は服を着せてあげたり、暖かいお布団を用意してあげるのをおすすめします。

私の実家のダックスフンドは毛が薄くて身体がガリガリなので、冬の散歩はダウンコートを着せないと寒くて歩きません(笑)

「犬 健康管理 体温調節」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です