アニマルコミュニケーションを体験しました(前編)

私、昨年密かにアニマルコミュニケーションを学んでいました。

専門学校みたいな所もあるようですが、私は個人でアニマルコミュニケーションの仕事をされている方のレッスンに通いました。

レッスンと並行して、私の実家の犬でアニマルコミュニケーションをお願いしたので、今回はその時の体験を紹介したいと思います。

アニマルコミュニケーションとは?


アニマルコミュニケーションでは、人間の第六感を使って、動物と会話をします。

私たちが普段、「以心伝心」や「虫の知らせ」と言っている能力を、意図的に使いこなせるようになると、動物とも会話ができるようになるんです!

最近では、テレビの『天才!志村どうぶつ園』に、ハイジさんというコミュニケーターの方が出ているので、知っている方も多いかもしれないですね。

飼い主が愛犬に聞きたい・伝えたいこと、逆に愛犬が飼い主に伝えたいことを『通訳』するのが、アニマルコミュニケーターの仕事です。

目に見えない部分が大きいので、賛否両論あるものですが、私は動物と心を通わせるきっかけになる素晴らしいものだと思っています。

私の愛犬について


ミニチュアダックスフンドの「そら」、現在14歳オスです。

私が高校生の時に、生後半年の彼を、母がペットショップで飼ってきました。

そのペットショップでは、生後半年近い犬は、サークルの中に何頭か一緒に入れていました。

彼は、そのサークルの中で別の犬にいじめられていたらしく、「お母さんが助けてあげなきゃ~!!!」と母が思ってしまったそうです(笑)(笑)

残念ながら、母は甘やかすばっかりだったので(赤ちゃん言葉で話しかけるし(爆))、しつけは全部私がやりました。

そのおかげ(?)で、彼は今でも私がリーダーだと思っているらしいのですが、私が大学卒業してからは別居状態なので申し訳ないですね…(泣)

今回のアニマルコミュニケーションでは、そらに伝言をお願いしました。

私が実家を出る時、私の代わりに家族のことをお願いして出てきたのですが、それを忠実に守ってくれている彼に「ありがとう」と「もう大丈夫だよ」と伝えてもらいました。

今まで私の代わりに頑張ってくれたお礼に、そらから私へ要望があれば、それも聞いてもらうようお願いしました。

すぐに実家には行けないので、写真を使って事前にアニマルコミュニケーションして、後日結果報告していただきました。

長くなってしまったので、結果は次回にしたいと思います。

よければ次回も見てください~!

「犬 しつけ」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから