意外と知らない?散歩の効果

暑い季節は終わったけど、まだ寒すぎず、沢山歩くのに調度いい時期になりましたね!

ということで、今回は、散歩がもたらす良い効果について紹介したいと思います。

犬にとっては、運動して、エネルギーを発散することだけが散歩の目的ではないんです。

犬だけじゃなく、飼い主にも共通する良い効果もあります!

これを参考に、今まで以上に散歩を楽しんでもらえたら嬉しいです。

新陳代謝の促進


全身を動かすことで、血行が良くなって、新陳代謝が促進されます。

新陳代謝とは、体の中の古い細胞が新しく生まれ変わる事で、健康な身体を保つためにとっても大切です。

新陳代謝が促進されると、新しくて元気な細胞が増えるので、内臓や皮膚の調子が良くなります。

犬の場合は、綺麗な被毛を保つためにも、新陳代謝を促すことが大切です。

日光浴で健康増強


犬も人間も、太陽の光を浴びると、体内でビタミンDやセロトニン、成長ホルモンの生成・分泌が促進されます。

ビタミンDは、カルシウムの吸収を促進する栄養素で、丈夫な身体を保つために必要です。

セロトニンは『幸せホルモン』と言われていて、気持ちを落ち着かせたり、よく眠れる効果があります。

成長ホルモンは『若返りホルモン』と言われていて、新陳代謝を活発にして、身体の細胞を健康で若々しく保つ効果があります。

散歩で太陽の光を浴びることは、精神的にも肉体的にも健康で丈夫な身体を作るために、とても大切なんです。

においを嗅いで情報収集


犬は、主に嗅覚を使って、仲間や周りの環境の情報を収集しています。

犬の嗅覚について、詳しくは⇒犬の嗅覚

犬は、外のにおいを嗅ぐことで、外の世界がどうなっているのか、情報を集めているんです。

私たちが、テレビやネットで色々な情報を見るのと同じですね。

犬には群れで生活する習性が残っているので、近所の犬の情報や、家の周りの情報を集めることが、安心感・ストレス解消に繋がります。

散歩には良い効果が沢山あるので、ぜひ犬と一緒に楽しんでくださいね♪

「犬 散歩 健康管理」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから