冬の健康管理で気を付けるポイント

今年も残すところ、あと2か月ですね。

ようやく暑さも落ち着いて、暑さに弱い私としては嬉しい限りです(笑)

これからどんどん寒くなるので、犬も飼い主も、健康管理に気を付けていきたいですよね!

冬の健康管理で気を付けるポイントをまとめたので、参考にしてみてください。

寒さ対策


犬は、暑さに弱くて寒さに強いと言われますが、南国原産の犬種や短毛犬種の中には、寒さに弱い犬もいます。

仔犬や老犬も寒さに弱いので、しっかり防寒対策してあげましょう!

寝床は暖かくして、外に出る時は、防寒用の服を着せてあげるのがおすすめです。

我が家の愛犬は、冬はダウンベストを着せて散歩に行かないと、寒くて震えて歩けません(笑)

免疫力を落とさない


寒くなるとウイルスが蔓延しやすくなるので、人間と同じように、犬も病気にかかりやすくなります。

しっかりご飯を食べて、散歩で日光を浴びて、体力や免疫力を落とさないようにしましょう!

いつもより元気がなかったり、食欲がなかったりするときには、早めに動物病院に相談してみてくださいね。

肉球の乾燥対策


空気が乾燥すると、人間の手もあかぎれしたり、ひび割れしたりしますよね。

同じように、犬の肉球も乾燥でひび割れすることがあるんです!

肉球が柔らかい小型犬は、特にひび割れしやすいです。

犬がなめても大丈夫な『肉球クリーム』が市販されているので、乾燥が気になる時は、保湿してあげましょう!

寒い季節も元気いっぱいで、楽しいドッグライフを過ごしましょう☆

「犬 健康管理 冬」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから