春は予防接種と健康診断の季節です

春になると、狂犬病や混合ワクチンなどの予防接種を受けられるようになります。

暖かくなり虫も活動し始めるので、ノミ・ダニや、蚊が媒介するフィラリアなど、虫が運ぶ病気も予防を始めます。

長く楽しいドッグライフを送るためにも、病気は予防することが大切です。

予防接種


狂犬病は、『狂犬病予防法』という法律で年一回の予防接種が義務付けられています。

予防接種をするともらえる『注射済票』も首輪などにつけておくことが義務付けられています。

混合ワクチンは義務ではありませんが、致死率や感染力が高い病気を予防できるので接種をオススメします。

ノミ・ダニ予防


ノミ・ダニは、動物の血を吸って生きています。

血を吸うときに、ノミ・ダニの持っているウイルスや寄生虫が動物の身体に入って病気になることがあります。

ノミ・ダニがつかないようにすることが一番の予防になります。

市販薬だとアレルギーが出ることもあるため、動物病院で処方される駆虫薬を使うことをオススメします。

フィラリア予防


フィラリアは、蚊が運ぶ寄生虫です。

蚊が血を吸う時にフィラリアが犬の身体に入ると、犬の心臓に寄生して心臓病のような症状が出ます。

予防薬でほぼ100%予防できるため、しっかり予防することが大切です。

蚊が出る時期に合わせて、動物病院で薬を処方してもらいましょう。

健康診断も受けよう


犬の体質や、平常時の状態をかかりつけの動物病院に知っておいてもらうことも大切です。

病気の早期発見に繋がったり、緊急時にも速く対処できるようになります。

予防接種の時期を、定期的な健康診断の機会にすることがオススメです。

病気の予防と早期発見に努め、楽しいドッグライフを過ごしましょう♪

「犬 病気 予防」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから