犬と上手にコミュニケーションしたい

犬と人間では感覚器官の働きが違うため、コミュニケーション方法も違います。

犬と上手く意思疎通するためには、犬同士のコミュニケーション方法を真似することがオススメです。

表情・動きをつける


犬同士はボディランゲージで会話しています。

犬に何か伝えたい時は、大げさなくらい表情や動きをつけると、犬が理解しやすくなります。

叱る時は怖い顔をして、褒める時は笑顔で、指示を出すときは身振りをつけたりすることが大切です。

声色を変える


犬はボディランゲージ以外に、声の高さで気持ちを伝えています。

怒る時は低い声で唸り、テンションが高い時は高い声で吠えます。

飼い主が接する時も、叱る時は静かに低い声を出し、楽しむ時は明るく高い声を出すと犬に伝わりやすくなります。

伝えたい気持ちが一番大切


犬は、人間の感情を読み取ることができる動物だと言われています。

「本気で伝えたい!」と思う気持ちがあれば、それもちゃんと犬に伝わります。

犬に伝わりやすくなるポイントを押さえて、しっかり伝えようと思う気持ちで接することが一番大切です。

「犬 しつけ 接し方」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから