犬の聴覚

犬の五感は、人間とは違う機能を持っています。

犬は優れた聴覚を持っており、人間には聞こえない音も聞こえています。

超音波も聞き取れる


人間が聞き取れる最高音(約二万ヘルツ/秒)を超える音を『超音波』と言います。

狩猟対象の小型のげっ歯類が超音波を出すため、犬も超音波を聞き取れます。

人間が聞き取れる音は、ピアノの鍵盤を右側に28個足した音までですが、犬は鍵盤を48個足した音まで聞き取れます。

声の主の体格が分かる


哺乳類の声は、声帯で発した音を喉や口で増幅させる時に、いくつかの周波数上に『フォルマント』という波のピークができます。

周波数が低い方から第1フォルマント、第2フォルマント…と呼ばれ、身体の大きな動物ほどフォルマント間の間隔は短くなります。

犬はフォルマントを聞き分けられ、声を聞くだけで発声者の身体の大きさが分かります。

人間の母音を聞き分けられる


人間の言葉は、母音と子音の組み合わせで出来ています。

母音はフォルマントの波の高さで決まっているため、犬も人間の母音を聞き分けられます。

参考URL

フォルマントとは何か?-nakano sound

犬は子音の違いは聞き分けられないため、「伏せ」の代わりに「食え」と言っても、犬には同じ言葉に聞こえます。

指示を出す時に母音が似ている言葉を使わないようにするなど、犬と人間の違いを正しく理解して、犬に合った接し方をすることが大切です。

「犬 聴覚」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから