犬の食習慣

狼の習性を受け継いでいる犬の食習慣は、人間とは違います。

健康な身体を保つために、犬の食習慣に合ったご飯をあげることが大切です。

食べられるだけ食べてしまう


犬は、野生の狼が群れで狩りを行っていた時の習性を受け継いでいます。

野生環境では毎日必ず獲物にありつける訳ではないため、食べ物がある時に一気にまとめ食いしていました。

この習性を『間欠捕食』と言い、飼い犬になった今でも、与えられた食べ物は際限なく食べてしまいます。

飼い主は、愛犬に最適な食事量をきちんと管理することが大切です。

穀物は苦手


犬は元々肉食だった為、デンプンの消化酵素『アミラーゼ』を持っていません。

デンプンが多く含まれる穀物やイモ類を食べすぎると、消化不良で下痢を起こしてしまいます。

また、『小麦グルテン』というタンパク質の一種に対してアレルギー反応を起こす犬もいます。

ドッグフードの主原料は、動物性タンパク質が中心の物を選ぶと良いでしょう。

主食は変えない


犬の消化器官には、いつも食べている物を消化しやすくするように調節する機能があります。

食べ物を頻繁に変えていると、食べ物に合わせた消化器官にすることができず、消化吸収に負担がかかってしまいます。

愛犬に合ったドッグフードを選んだら、毎日同じ物を食べさせることが大切です。

「犬 食べ物」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから