愛犬がドッグフードを食べない時はどうすれば良いの?

体調不良ではないのに愛犬がドッグフードを食べない時は、食事時以外に何かを食べている可能性があります。

食事の時間以外に食べ物をあげない


誰かが食事の時間以外に食べ物をあげてしまったりすると、食べて欲しい食事の時間にドックフードを食べないことがあります。

食事の時間以外に食べ物はあげないことが大切です。

犬は食べ物に飽きない


犬の味覚は人間より劣っている為、味が濃い物を好みますが、味に飽きることはありません。

おやつや人間の食べ物は味も匂いも濃い物が多いのでドッグフードよりも好んで食べる事がありますが、ドッグフードの味に飽きているわけではありません。

上下関係を確かめたい


犬は生後7ヶ月頃から、ワガママを押し通せるか試して飼い主との上下関係を確かめることがあります。

ドッグフードを食べないのも、味の濃い物を食べたいというワガママでやっていることがほとんどです。

飼い主がいつものドッグフード以外の食べ物をあげてしまうと、犬は飼い主より自分の方が上だと思うようになってしまいます。

お腹が空けば食べる


普段通りのご飯の時間にいつものドッグフードを出して、食べなければ片付けます。

空腹に負ければちゃんとドッグフードを食べるので、ご飯の時間以外におやつなどはあげないようにします。

犬が根負けしてドッグフードを食べるまでは根気よく何回も繰り返し、ワガママは通らないと教えることが大切です。

「犬 ごはん 食べない」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから