動作を教える (おすわり、伏せ、待て)

座れ、伏せ、待てなどの動作を教えるときは、犬のモチベーションを保ちながら、一度に教えきることが大切です。

覚えるまで教えきる


動作を教えるときは、途中でやめることがないよう、ちゃんと時間が取れる時にします。

一回で覚えるまで教えきるようにします。動作を命じたら、最後まで実行させて必ず褒めます。

伝わるように伝える


何をさせようとしているのか、犬が理解しやすい伝え方で、こちらの意図を伝えます。

伝わるまでに時間がかかっても、途中で諦めることのないようにします。

それぞれの犬の性格などにもよるので、日頃からコミュニケーションをとることが大切です。

しっかり褒める


飼い主が高い声などを出したり、犬の気分を盛り上げる褒め方をします。

犬のテンションを上げてモチベーションを保ち、犬が自ら行動するように教えます。

そうすることで飼い主の指示に集中しやすくなります。

「犬 おすわり 伏せ」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから