叱る事が減るようなしつけが大切

犬を叱る時は、犬に伝わる叱り方をすることが大切です。

 

怒ってはいけない


犬は感受性が強く、人の感情に敏感に反応します。飼い主が怒って感情的になると、犬は不安になったり、警戒したりしてしまい、飼い主の言葉が耳に入らなくなります。

飼い主は叱る時も冷静に、「ダメなことを教える」という気持ちが大切です。

 

叱り方のコツ


犬の記憶にはストーリー性がなく、過去と今の出来事を結びつけて覚えられません。いけない事と叱られた事を同時に覚えさせる為、その場ですぐに叱ることが大切です。

犬に伝わりやすいように、怖い顔をして犬の目を睨み付けながら、低い声で叱ると効果的です。

 

叱りすぎない


飼い主が気を付けていれば、いけない事をさせずに済む場合も沢山あります。きちんと叱る事も大切ですが、どうすれば叱る機会を減らせるのかを考えることも大切です。

叱る必要がある時は、また同じ事を叱らなくて済むように、いけない事だと犬がきちんと理解できるように教えます。

正しく叱る事で、叱る事が減るようにすることが大切です。

 

「犬 叱り方 しつけ」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

 

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

 

📩メールでの相談はこちらから