無駄吠えをやめさせたい

 

飼い主にとって都合が悪い時間や状況で吠えることを『無駄吠え』と言いますが、犬は無駄に吠えているわけではありません。

犬は何か理由があって吠えています。何に対して、どうして吠えているのかによって、しつけ方も変わります。

無駄吠えをやめさせるためには、犬の主張をきちんと理解することが必要です。

 

攻撃的に吠える場合


警戒心が強い犬に多い。散歩中や家の周りなど、よそ者が犬の縄張りに近づくと、吠えて遠ざけようとします。

飼い主が大声で叱ると、飼い主の声に負けじと余計に吠えます。静かに低い声で叱り、吠えなかったら褒め、吠えることを我慢する事を教えます。

 

怖くて吠える場合


ビビり犬に多い。攻撃的に吠えていると勘違いして叱ると、余計に怖がって吠えます。

まずは飼い主と犬が、しっかり信頼関係を築く必要があります。その上で、怖がる必要はないこと、怖くても吠えてはいけない事を教えます。

 

要求して吠える場合


何かさせたいことがある時や、気を引きたい時など、犬が飼い主に何かを要求するために、吠えることがあります。

この場合は、吠えたら叱り、吠えても要求は通らないことを教えます。吠えることをやめたら、きちんと褒めてから要求に応えるようにします。

要求して吠える時に限らず、普段から甘やかしすぎず、飼い主が主導権を持って接することが重要です。

 

「犬 無駄吠え」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

 

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

 

📩メールでの相談はこちらから