犬の社会性を知ろう!

犬は、祖先である狼の習性を受け継いでいます。

今回は、犬が受け継いでいる社会性を紹介します!

群れで生活する


犬の祖先である狼は、数頭で群れを作って、群れの仲間と行動を共にします。

犬も、群れを作る習性を受け継いでいます。

家庭犬にとっては、『同居の家族』が群れの仲間です。

人間は家族単位で生活するので、犬が人間社会に馴染みやすかったと考えられています。

群れの中は縦社会


狼の群れの中は、完全な縦社会になっています。

リーダーを筆頭に、全員に順位が付いていて、仲間の中で同じ順位がつくことはありません。

特に同性間の順位には、かなり厳しいです。

犬もこの習性を受け継いでいて、同居の家族の中に順位を決めています。

人間も、会社の役職や、古くは階級制などで縦社会に馴染みがあるので、犬が人間社会に順応できたと考えられています。

上下関係に厳しい


狼の群れの中では、自分より上位のメンバーには逆らわないことがルールです。

基本的には、リーダーの言う事は『絶対』です!

その代わり、順位が低いメンバーは、上位のメンバーから身を守ってもらえます。

犬も、同居の家族内で自分が付けた順位に則って、誰に従うかを決めています。

飼い主は、それぞれの犬種が作られた背景に沿って、その子が従いたいと思えるリーダー像を考えることが大切です!

犬にリーダーとして認めてもらって、正しい上下関係を築き、良い信頼関係を作っていきましょう!

「犬 しつけ 社会性」 を相談する


LINEで相談する

(友だち追加後にチャットでご連絡ください)

友だち追加

facebookで相談する

(「メッセージを送信」よりご連絡ください)

📩メールでの相談はこちらから